簡単な暗記学習!英単語の意味をイメージすると忘れない!

英単語をイメージで暗記しよう!

英語学習で上達する方法を勉強している女子高校生

 

あなたはこんな経験ありませんか?

 

よくある単語学習といえば、有名な単語帳に書いてある和訳をひたすら覚えていくことですよね。

 

でもこの勉強方法だと、単語の意味を場所で覚えてしまったり、英文読解で少し異なる意味で使われていたりするときに対応できないのです。

 

その結果、「時間をかけて、何度も暗記したはずの語彙をすぐに忘れる」という悲しい状態を繰り返すことになり、最終的には語学学習のやる気をなくしてしまいます。

 

一方で、単語をイメージで記憶していたらどうでしょうか?

 

例えばactという単語は「活動する」など動的なイメージが核の意味となっています。イメージするなら、人が元気に動いている姿ですね。このようにしてイメージを記憶しておくと、activeやactionなどの派生語になっていても、和訳を予想できるから長文読解にも対応できますよね。

 

でも、act「活動する」active「活動的な」というふうに、せっかく関連している派生語を1つ1つ区切って暗記していると、暗記量が多く、かなり大変になってすごく効率が悪いのです。

 

英単語を効率よく短期間で記憶したい人は、意味をイメージで覚えましょう!

 

効率的な英単語暗記

イメージで暗記する方法

 

 

英単語の暗記が苦手、という方の多くが英語を日本語に変換して覚えているようです。

 

例えば、Apple(アップル)の単語の覚え方については、スペルのAppleから和訳のりんごを解釈し、最終的にアップル=りんごという覚え方につなげる方法です。しかし、この方法は効率の良い暗記法とは言えません。

 

 

英単語を覚えるときには、脳で考えることなく単語とイメージ(画像)を結びつけることが効率良く覚えるコツになります。

 

 

アップルという単語を和訳でりんごと思い出すのではなく、アップルと聞いたら先ずはリンゴの映像を思い出し、そこからりんごと変換させます。

 

 

こうすることにより、頭の中でイメージされたものはより深く記憶として残ります。5歳くらいまでの子供は、どこの国で育ってもその土地の言語を習得できます。

 

これは、子供の脳は、さまざまな言語を耳にした時に、それらがイメージとして脳にインプットされるため、抵抗なく外国語であっても記憶に残り、自らも発音できるようになるからです。

 

 

ですから、英単語の暗記を効率おこなうなら、先ずは今までの学習形式ではなく英単語=イメージ(イラストなど)で覚えることをお勧めします。

 

 

イメージで覚えることで五感の中の視覚にも訴えられるため、英単語が英文に出てきてもいちいち時間がかからずに意味が変換されるため、スムーズなヒアリングが可能になります。

 

 

効率的な英単語暗記